減らす事を妨げる男性ホルモン

男性ホルモンというと主に思春期の男子が多く分泌する物で、男子が男性になるための要素をたくさん持ったものというように考えがちですが、実はこの男性ホルモンは男性だけが分泌する物ではなく女性でも分泌します。

また逆に男性も女性ホルモンを分泌しますので、セクシャリティに直結するホルモンではないのです。

つまり大人ニキビの原因として男性ホルモンの異常分泌が原因と聞くと、男性限定と思ってしまいがちですが、実際はそのようなことはなく、女性でも男性ホルモン優位になると大人ニキビは発生します。


男性ホルモンの主成分であるアンドロゲンは、トリグラセリドという皮脂細胞の生成を司ります。

このアンドロゲンは主に思春期の男子が多く分泌し、より男性的な身体になる為の、ホルモンとして働くわけですが、それは一定の年齢に達すると生成が止まり、男性としての完全体が完成するはずなのですが、男性ホルモンになんらかの異常をきたすと大人になってからもホルモン分泌が続き、トリグラセリドからの生成も促進させてしまうのです。

そうすると既に体は成長過程を終了しているにもかかわらず、男性ホルモンの分泌だけが止まらない状態となり、それが大人ニキビの原因となってしまうのです。

もし出来てしまった大人ニキビを減らそうとするのであれば、まず原因となる男性ホルモンの生成を抑制する必要がありますが、大人ニキビは生活習慣が原因である場合が多く、なかなかホルモン生成を簡単に抑制することができないのです。

アクネ菌とは違う大人ニキビ

思春期ニキビの特徴はアンドロゲンから分泌されたトリグラセリドが皮脂に溜まり、そこにアクネ菌が寄生し皮脂を餌に増殖、炎症する事でニキビ化する事はわかっていますが、大人ニキビの場合は、このアクネ菌の寄生という状況は発生しません。

あくまでホルモンバランスの崩れ、すなわち男性ホルモンの異常分泌が原因として挙げられます。男性ホルモンの分泌が多くなってくる原因として、社会生活の急激な欧米化と生活習慣の変化が挙げられます。

例えば不規則な勤務時間と不規則な食生活だけでも、自律神経系統になんらかの不調をきたす要因となります。自律神経系が不調をきたすと、交感神経が研ぎ澄まされてしまう事で、常時極度の緊張状態になります。


そしてそれは自身でコントロールすることが出来ず、日常生活に徐々に影響をきたしていく事になります。そうすると肌ターンオーバーも正常に行かなくなり、劣化した肌の衰えを遅らせる為に、女性でも男性ホルモンの分泌が活発化し大人ニキビの生成に繋がるのです。

つまり大人ニキビは思春期ニキビのようなアクネ菌が繁殖することによる炎症とは全く別物であり、根本的に生活習慣が大きく絡んでいるのです。

そのため大人ニキビを減らす方法としてアクネ菌の除去といった手段ではなく、リラックスを司る、自律神経系統の副交感神経系統にシフトさせる、生活習慣の改善と不規則な食生活の改善が基本になってきます。

http://永久脱毛口コミ.xyz/

加齢と共に減らす事が出来ない

年齢を重ねるとこの大人ニキビはなかなか減らす事が難しくなってきます。理由はその原因にあり、大人ニキビの大きな要因のひとつに、自律神経系統の不調からくるホルモンバランスの崩れがありますが、ホルモンバランスとは一朝一夕に直すことが出来るものではありません。

なぜならそれまで精神の緊張を司る交感神経が体内を支配して居たものを、突然交感神経にシフトするとなると、日常生活の大幅な改善が必要になって来るのです。言い換えるなら、大人ニキビを減らすためにストレスのない生活へ改善と、規則正しいバランスのとれた食生活へ変えていかなくてはならないのです。

しかし現代人において生活習慣の改善や、働くペースを改善する事は非常に難しい場合が多く、なかなか大人ニキビを減らす効果の期待できるような対策が打ちにくく、実際に大人ニキビが出来ても小さなものであれば、多くの人がそのまま放置して居るような状態です。

中にはステロイド剤などを使った塗り薬で直そうとする人や、専用の洗顔フォームでまめに洗顔し減らす努力をしている人も多くいますが、即効性は低くまた生活習慣を根本から改善しない限り、再発しやすいため年齢を重ねる程、大人ニキビは治りにくいと言えます。

また必要以上に洗顔するのも良いとは言えません。なぜなら洗顔をするとそれだけ顔の皮脂は奪われることになり、そうなると皮脂の分泌が必要以上に活発化するため、余計に大人ニキビができやすい肌になります。

ホルモンバランスの調整と、皮脂分泌のバランスはとても難しいところがあるのです。

http://www.cliniceffect.com/